2012年03月17日

もらっておこうよ

こんばんは、まみこです。
私は以前犬を飼っていました。
最後はトイプードルでしたが、その前に雑種の女の子がいました。
その子が子宮蓄膿症という病気になり、手術することになりました。
手術で子宮と卵巣を全部摘出しました。
先生が「これどうする?」と聞くので「ください」と言いました。
ビンにホルマリン漬けにしてくれました。

3年程して、その子は老衰で死にました。
保管しておいた子宮と卵巣をビンから出して、ポリ袋に入れて死体のお腹のところに抱かせてやりました。
これで天国に行っても女の子でいられます。

プードルも男の子のほうは、その動物病院に頼まれて引き取ったので去勢していただきました。
引き取ってから手術するつもりでしたが、引き渡す前にしてくださったのです。
そして摘出した玉もちゃんとホルマリンの瓶詰めになっていました。
死んだ時は勿論玉も添えてやりました。
男の子に戻って虹の橋を渡って行ったのです。

まだ、プードルがいた頃です。
かかり付けの動物病院は常連さんが多く、殆どの飼い主さんと顔見知りでした。
ある日犬を連れて行ったら、手術室の戸が閉まっていて見知らぬ青年が1人座っていました。
「手術ですか?」と聞いたら、犬同士で喧嘩をして片目が外に飛び出してしまったのだそうです。

手術が終わるまで、その人と話していました。
ヨークシャーテリアを多頭飼いしていて、1番威張ってた子がみんなに攻撃されたんですって。
手術室から先生が顔を出して「目玉いる?」と聞きました。
彼は「いやいや、いりません」ととんでもないという風に手を振って断っていました。
私が「なんで?もらえばいいじゃない」と言ったらエッ?と言うように吃驚していました。

動物を飼っている方々、もし体の1部でもなくなってしまうとしたら、その部分はもらっておきましょうよ。
動物病院によって、くれるかくれないかは分かりませんが言ってみたらどうでしょう。
その子が天国で元の姿で暮らせるように。

こんなこと考えるのはオセンチなんでしょうか。
posted by まみこ at 19:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
人によっては、グロテスクなものと受け取るのでしょうか。
歯科医院でも、抜いた歯を持って帰りますか?と聞きますが、持って帰る人のほうが少ないです。
かくいう私も、昔、抜いてもらった自分の歯(親不知)を持って帰りましたが、いつのまにかどこかに行ってしまいました・・・
Posted by くに at 2012年03月18日 20:28
>くにさん
くに先生おはようございます。
内臓は気持ち悪いと思う人が多いですね。
でも動物も飼っていれば自分の子供みたいなものでしょう?
グロテスクと思ったことはないです^^

歯は小さいから無くなりやすいですよね。
私の行っている歯医者さんは小さなプラスチックケースに入れてくれます。
だけど行方不明になりました^^
Posted by まみこ at 2012年03月19日 08:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/258243555

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。